気分安定薬を 中心に改善していく

双極性障害の違い

双極性障害とはどういうものか

双極性障害には?型と?型が存在します。双極性?型障害とは、躁状態のエピソードがはっきりとわかり、症状が重いものが多いと言われています。ハイテンションで自信過剰気味な躁状態と、ネガティブで、やる気のない、または落ち込み気味な抗うつ状態が表れます。躁状態の時は、気分が良く、本人にとっては自信がみなぎっているので、病気と言われてもいまいちピンときません。しかし周りからすると、ただのハイテンションでは済まされないレベルであり、感情の起伏も激しい為、いつもと違う、おかしいという症状の変化に本人より先に気付くものです。周りに迷惑をかけ、トラブルを起こす事もしばしばですが、本人にあまり悪気がない事が多く、離婚や破産といった深刻な状況に陥る事もあります。うつ状態への以降はある日突然変わるというパターンもありますが、大体は徐々にゆっくりと移行していきます。

症状を緩和するには薬が効果的

双極性?型障害とは、?型よりは軽度の躁状態とうつ状態を繰り返すタイプです。?型に比べて、その持続期間も短い事が報告されています。軽度の躁状態は4日以上、1週間以内と少ないものが多いです。トラブルや迷惑を賭ける度合いも低く、周りからも見過ごされがちですが、実は摂食障害がある事や、密かにギャンブルやアルコールにハマるなど、危険な兆候も現れつつあります。1型よりもうつで過ごす事が多いので、双極性障害ではなくうつ病だという認識を持つ人も多いです。

双極性障害とうつ病の診断が難しいと言われるのは、双極性障害にうつ症状が出る為です。しかしうつ病の薬と双極性障害の薬は全く違うものです。その為、検査などで正確な判断をし、正しい投薬を行なう事が望まれます。薬にはそれぞれの及ぼす効果があり、薬が違うと治療を無駄に長引かせる要因となります。

最近、ドラマや映画などで取り上げられることが多く、認知度が高まっているのが双極性障害というものです。この病気は、簡単に説明すると、うつ状態と躁状態を繰り返す病気のことです。 同じ精神疾患として、うつ病があります。これは、長期間にわたって、うつ状態だけが起こる症状のことです。双極性障害では、このうつ状態に加えて、うつ状態とは対極の躁状態も現れます。双極性障害の躁状態の時は、ほとんど寝ることなく喋り続けることが特徴的です。家族など周囲の人に休む間もなくしゃべり続け、周りの人を困惑させます。また、仕事に頑張って取り組むものの、きちんと行えず失敗してしまいます。また、無茶なことを手当たり次第行うため、社会的信用を一気に失う恐れもあります。

双極性障害を放置していると、何度も躁状態とうつ状態を繰り返すことになります。そして、躁状態のときに無茶なことをしてしまい、会社での人間関係、社会的信用を失うことになります。そんなことにならないためには、早期に病院で治療を受ける必要があります。 病院での主な治療方法は、薬物療法です。この双極性障害は、あらゆる精神疾患の中でも対処法が比較的整っている病気です。きちんと薬でコントロールさえすれば、悩まされることがありません。普通の人と変わらない生活を送ることが可能です。 双極性障害で使われる薬は、気分安定薬です。日本で用いられている気分安定薬には、リチウム、バルプロ酸、カルバマゼピンなどがあります。それらを毎日決まった量を摂取することで、症状は改善します。