気分安定薬を 中心に改善していく

様々な治療

心理社会的治療

双極性障害の治療として、薬物療法の他に挙げられるのが心理社会的治療です。心理社会的治療とは、様々な種類の方法があります。大きくは「心理教育」、「家族療法」、「認知療法」、「対人関係・社会リズム療法」があります。これらの心理社会的治療と、薬物療法を組み合わせて双極性障害の治療は進んで行きます。

心理教育

心理教育とは、患者さんが自分の疾患である、双極性障害を正しく理解する事で行なう治療です。心理教育は症状が出始めた初期に有効だと言われています。自分の気分や症状を記録してみる事で客観的に双極性障害という病気を捉える事が出来るようになります。双極性障害は本人に自覚が出にくいので、心理教育は薬物療法と組み合わせて多く活用される治療例と言えます。

家族療法

家族療法は患者さんの家族に行われる治療です。大きな負担を周りにもかける事のある病気なので、家族のサポートや理解は不可欠です。家族療法は、薬を用いた薬物療法、また本人の心理療法と合わせて行なうと効果的だと言われます。

認知療法

双極性障害は躁状態とうつ状態を繰り返す病気です。うつ状態の場合には、躁状態の反動であるかのように、マイナス感情を抱き、小さな事でも自分を責めがちになります。そのような時に、否定的に物事を捉えるのではなく、肯定的な考え方をするように練習する事で、気持ちの切り替えを促す療法です。

対人関係・社会リズム

対人関係・社会リズム療法とは、双極性障害ならではの治療法だと言えます。双極性障害は、生活リズムの乱れや、対人関係のストレスが症状を悪化させる事を考慮し、周りと良い関係が築けるよう、また起床してから夜に就寝するまでの記録を取る事で自分のリズムを知り、悪い点を改善する事が出来ます。