気分安定薬を 中心に改善していく

双極性障害の違い

双極性障害には?型と?型が存在します。その症状はほぼ同じですが、症状の強度が異なります。うつ病と同様に、適切な検査を受け、薬や治療といった方法で症状を改善する事が可能です。

» 詳細を確認する

検査方法

双極性障害の検査は、問診や症状により総合的に判断されます。うつ病と酷似する症状を示す事があり、診断が難しいと言われますが、適切な検査を行なう事で、その症状にあった薬や治療法を決定する事が可能です。

» 詳細を確認する

薬の種類

治療を行なう為には薬の服薬が必須だと言われています。双極性障害では、再発も多く、治療が長引く事もありますが、医師から処方される量を適切なタイミングで服用する事で、日常生活を問題なく送る事が出来るのです。

» 詳細を確認する

様々な治療

双極性障害には薬以外にも様々な治療法があります。心理社会的治療と呼ばれる、心理教育や、家族療法、社会リズム療法など様々な方法があり、組み合わせ行なう事で効果がより期待出来ます。

» 詳細を確認する

双極性障害という病

双極性障害の再発予防に有効なリチウムについて

双極性障害とはうつ病などと並んで気分障害の表れる病気の一種です。うつ病は今や広く知られるようになり、社会でも受け入れる姿勢が整いつつありますが、双極性障害はまだ名前さえ聞いたことのない人も多く、社会的な認知に時間が掛かっています。しかし、双極性障害もうつ病と同じように、本人にとって辛い病気です。症状を緩和する為には、専門医のいる病院で検査を受け、適切な治療を受ける事が必要だと言われています。

治療薬の効果とその他

双極性障害とは、躁状態とうつ状態という、全く違う気分が表れる病気です。本人は感情や気分をコントロールする事が出来ず、また周りにも迷惑やトラブルを掛ける事がある病気です。躁状態とは、高揚感が常にあり、ハイテンションな状態です。自分に自信があり、幸福感がある状態が続くので、本人にとっては病気だという意識はなく、良い状態だという認識です。うつ状態とは、躁状態の逆で、気分が落ち込んでおり、ネガティブに物事を捉えがち、引きこもりがちになる状態です。時たま、双極性障害でうつ状態の時に症状を自覚し、うつ病だと思って病院を受診する人もいます。うつ病と双極性障害は、同じ気分障害の一種ですが、その治療法や用いる薬などは全く異なります。診断が難しいとも言われており、症状を自覚し早めに専門の医療機関を受診するのが良いとされています。また、自覚するのが難しい一面があるので、周りの人が気づき、病識を与えて病院の受診を進めるのが望まれます。

双極性障害に処方される薬は大きく分けて2種類で、予防薬と治療薬です。 予防薬としては、気分安定薬のリチウムやバルプロ酸、カルバマゼピン、ラモトリギンなどがあります。 特にリチウムが、第一選択としてよく処方されます。 特に再発を予防するとして効果が認められていますが、はっきりとした薬理作用などは分かっておらず、 双極性障害が脳の神経細胞などがダメージを受けやすく、また、神経伝達物質のバランスも悪いとして、それをリチウムが傷ついた脳細胞を守り、神経伝達に影響を及ぼす為と考えられています。 ただ、その効果がでるのに4〜10日と時間がかかります。 また、副作用として、吐き気や軽い胃痙攣、口の渇き、体がだるく疲れやすくなる、軽い眠気を催すなどがあります。 投薬中は、定期的に血液検査でリチウムの血中濃度を確認する必要があります。

双極性障害の躁状態の時の治療薬に使用される物にアリピプラゾール、オランザピンなどがあり、これは、非定型抗精神病薬といって、交感神経を優位にし人を興奮させるホルモンのドーパミンを阻害することにより、躁状態を抑えるほか、神経を保護する作用もあります。 また、セロトニンの改善にも効果があるといわれます。 ただ、作用は緩やかで、効果が出始めるのに約2週間ほどかかります。 副作用としては、神経過敏や不眠症、 飲み続けると肥満になりやすく、糖尿病を引き起こす危険もあり、定期的に血糖値を測る必要があります。 その他、双極性障害の人の不眠には、ベンソジアゼピン系睡眠薬がよく処方されますが、依存性があり、急に飲むのを止めるとますます不眠の症状が酷くなるため、医師と相談しながら少しずつ減らしていくという方法をとります。